スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またやった

しばらく影を潜めていた交通事故(単独物損)をまたやってしまった。
今回の犠牲車はレンタカー(フィット)。
八戸への出張でしたが、あまりのハードスケジュールで仙台に社用車を置いていった為レンタカーでした。
高速道路の本線に合流するための途中の下りの右カーブで凍結によりスリップしてしまいました。
「あー、雪の壁に突っ込む・・・。」「始末書書くのか・・・。」などと考えていました。
結果は祈りもむなしくまっすぐ雪の壁にドーン。
さらに下りだったため惰性で横転。
運転席の横に道路がありました。
そんな時人って不思議な事を考えるもので
「道路がここにあるってことは、ドアが開かないな・・・。」
「うーんと、とりあえずどーすると良いんだろ?」
「あー、助手席から出れば良いのか。」などなどでした。
そんで、警察に電話して、JAFに電話して等してたら公団の車が来ました。
そしたら
「運転手さん、エンジン切らないと危ないよ。」

「あれ?何でエンジン切ってないんだ俺?」
「じゃあ、切ります。」
そんで、再度助手席より車内に突入。

※ここで特別情報「車にドアって、上に上げるとすんげー重い。」

そんでエンジン切って警察が来るのを待ちました。

おおよそ50分くらい待ちましたね。
雪が降っているのに車外で。(車内に入れないから。)
まあ、警察が来てからは物損なので事務処理のみ。
その後JAFが来て車を起こして動くかチェックして終了。
その後警察から
「まあ、物損として処理しますけど後で具合が悪くなったりしたら医者に行って診断書をもらって警察のほうに来てください。そうなったら人身なので再度実況見分しますんで。ただ、また八戸に来てもらうのと人身だと道交法違反になりますけどね。」
だって。

もう行きたくないし具合悪くないから物損で良いです。

その後、電話で会社に連絡して終了。
上司が「怪我がないんだったら、良かった。気つけてな。」
このやさしさが怖い。

※聞いたらレンタカー代以外に12万円かかるらしい。(保険の免責と休業補償で。)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。